So-net無料ブログ作成

ピョンチャンパラリンピックの注目選手は?

ピョンチャンオリンピックは終わってしまいましたが、
3月9日にはピョンチャンパラリンピックが開幕します。

ですが、いまいち注目選手が誰なのかわからない人が多いのではないでしょうか?

私も正直よくわからなかったので、
この際なので、ちょっと調べてみました。



スポンサードリンク







まず一人目は、狩野亮選手。
アルペン競技の座位の選手です。

座位とは、いわゆるチェアスキーです。

狩野亮選手はアルペン競技の中でも高速系種目の、
スーパー大回転(SG)と滑降(DL)の選手です。

スーパー大回転では過去に、バンクーバーとソチで金を取ってますので、
ピョンチャンでは3連覇がかかってます。

滑降ではソチで金でしたので、2連覇がかかってます。


ちなみにアルペン競技とは、
旗門の間を正しく通過して、
一番早く降りた人が優勝する、という競技で、
旗門の間隔が狭い方から、
回転(スラローム、SL)
大回転(ジャイアントスラローム、GS)
スーパー大回転(SG)
滑降(ダウンヒル、DL)
の4種類があり、
SLとGSが技術系種目、
SGとDLが高速系種目と言われています。



他には、森井大輝選手も注目です。

トリノ、大回転で銀、
バンクーバー、滑降で銀、スーパー大回転で銅、
ソチ、スーパー大回転で銀を獲得しています。


あ、ちなみに冬季オリンピックですが、
今年はピョンチャン(韓国)ですが、
4年前はソチ(ロシア)、
その前はバンクーバー(カナダ)、
その前はトリノ(イタリア)、
その前はソルトレイクシティ(アメリカ)、
その前が、長野(当然日本)、
です。

長野オリンピックからもう20年ですね。

その長野オリンピックにて、
アルペン競技の高速系種目の会場となったのが、
白馬八方尾根スキー場。

その八方尾根スキー場といえば、
夏目堅司選手。

私は白馬八方尾根でスキーをするのですが、
そこでたまにチェアスキーをしている夏目選手を見ます。

夏目選手ですが、元々八方尾根スキースクールのインストラクターをやっていたのですが、
モーグル大会の準備中に、
不慮の事故により背骨を折ってしまったようです。

この前も八方尾根スキースクールの建屋の前に
夏目選手の幟が立っていたので、
個人的には大注目です。


他には、成田緑夢選手です。
緑夢の読み方は「グリム」です。

この選手は、スノーボードの成田童夢選手と今井メロ選手の弟になります。

元々フリースタイルスキーの有力な選手だったのですが、
トランポリンでの練習中の事故により左足に麻痺の障害が残ってしまっているようです。

ちなみに自宅にトランポリンがあって、そこで練習していたようです。

今季のワールドカップでは総合優勝もしているようなので、
かなり期待感があります。

そして、どうやら本人は障害者でありながら、
オリンピックの方も狙っているようです。

他にも有力な選手は多いようなので、
ピョンチャンパラリンピックの方も注目してみてはいかがでしょうか!



スポンサードリンク




コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。